子どもに嫌われる加齢臭の原因は、サプリメントで簡単に改善できるって本当?

4 min 66 views
子どもに嫌われる加齢臭の原因は、サプリメントで簡単に改善できるって本当?

40代を過ぎた頃から気になり始める「加齢臭」。「オヤジ臭」と言われることもあり男性特有のものだと思われがちですが、中年以降の男女問わず発生します。この脂臭い独特のニオイに悩まされることは少なくありません。体調や生活習慣によっては、30代でも臭うことがあります。

年齢を重ねるになるにつれて仕方ないとあきらめがちな「加齢臭」ですが、子どもに嫌われるだけでなく、パートナーや職場の女性からも嫌悪される原因の一つです。逆に言えば、加齢臭が無いだけでも清潔感が感じられ好感が持たれることに期待できます。

実は、この「加齢臭」は食事の改善適度な運動で軽減できる可能性が大いにあります
しかし、それがわかっていても継続できない方がほとんど、、、。

そこで、この記事ではだれでも簡単に継続できるサプリメントでの加齢臭対策を紹介します。
サプリメントは1日たったの約40円で、金額も安く経済的にも嬉しい商品です。

紹介するサプリメントは、Amazonでも楽天市場でもベストセラーになった「Dr.DEOLAB(ドクターデオラボ)」です。

加齢臭の原因とは?

加齢臭の主な原因は、皮脂腺の中にある「ノネナール」という臭い物質が原因です。
単なる加齢現象ではなく、身体の酸化によって生じます。

食生活や生活習慣が乱れていると、老化や病気の原因にもなる「活性酸素」が体内で増加します。その活性酸素により皮脂が酸化して「過酸化脂質」が増え、様々な酸化や分解によってニオイ物質である「ノネナール」に変化します。

つまり、「活性酸素」の増加を食事や運動によって抑えることができれば、加齢臭は減少していきます

ちなみに女性の場合は、男性よりも皮脂の分泌量が少なく、女性ホルモンに酸化を抑制してくれる力があるため、男性に比べて加齢臭が発生しにくくなります。

体のニオイは人の健康状態をあらわしており、体調の変化や病気のサインを知ることもできます。つまり、加齢臭が強いということは体内環境も悪化している可能性があり、今後大きな病気につながる可能性があります。気がついた段階で早めの改善がおすすめです。

加齢臭の対策と予防方法

加齢臭を改善するには、体の内側から対策することも必要です。
主に3つの食材・栄養が効果的です。

加齢臭を改善する3つの食材・栄養

抗酸化食品

抗酸化食品は、活性酸素の生成を抑制します。
ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどがその代表で、柑橘系のフルーツやお茶など、多くの食材に含まれているため手軽に摂取できます。
また、緑茶に含まれるカテキンはポリフェノールの一種でもあり、消臭効果や殺菌効果もあるため、日常的に摂取しやすい効果の高い成分としておすすめです。

  • ビタミンC
    • キウイ、アセロラ、イチゴ、オレンジ、みかん、ぽんかん、レモン、パイナップル、ブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、さつまいも、じゃがいも、にがうり、 菜の花、モロヘイヤ、りんごなど)
  • ビタミンE
    • アボカド、アーモンド、落花生、枝豆、かぼちゃ、にんじん、玄米、きゅうり、ほうれん草、オリーブオイル、うなぎ、さんま、いわしなど)
  • ポリフェノール
    • カテキン(緑茶)
    • 大豆(イソフラボン)
    • ブドウ、ブルーベリー(アントシアニン)
    • ごま(セサミン)

食物繊維

食物繊維には、脂肪の吸収を穏やかにする効果と、余分な脂質を包み込んで便と一緒に排出する役割があります。
めかぶ、納豆、昆布、わかめ、こんにゃく、モロヘイヤ、ごぼう、キクラゲなどに多く含まれます。

乳酸菌&ビフィズス菌&オリゴ糖

乳酸菌&ビフィズス菌&オリゴ糖は、互いに作用し合うことで腸内環境を整え、善玉菌の働きを活性化する役割があります。

乳酸菌(食物性)は、みそやぬか漬け、納豆などの発酵食から摂取できます。

一方、ビフィズス菌が含まれている食品はあまり多くありません。
ビフィズス菌が働くのは大腸ですが、胃酸に弱いため摂取しても大腸まで生きて届けることはなかなかできません。
そのため、生きたビフィズス菌を大腸まで届けるにはサプリメントの活用がおすすめです。

オリゴ糖には、ビフィズス菌の生成を助けて増やす役割があります。
ごぼう、玉ねぎ、蜂蜜、バナナ、きのこなど様々な食品から摂取できます。また、甘味料として活用されている液体のものを砂糖の代わりに日常的に使用しても良いです。

加齢臭の予防に有効な5つの習慣

そもそも加齢臭を発生させにくくするには、体を清潔にする以外に次の5つのポイントも大切です

動物性の脂質を摂り過ぎない

動物性脂肪などによる脂質の摂り過ぎは、肥満や循環器疾患、便秘など多くのリスクを高めます
肉、バター、生クリーム、揚げ物、スナック菓子(ポテトチップス)などに多く含まれます。

一方で、緑黄色野菜は余分な脂肪を包み込んで排出してくれるので、積極的に食べるようにしましょう。

タバコやアルコールを控える

タバコのニコチンは、抗酸化力を高めるビタミンを破壊するため、ニオイ原因物質の「ノネナール」が発生しやすくなります。また、タバコの臭いと混ざって、加齢臭以上の悪臭になります。

お酒の飲み過ぎは活性酸素を生みます。1日にビール中瓶1本程度までが目安です。
※1日にアルコール量20g以下

30分以上の運動を週2回以上

厚生労働省が健康のために推奨する基準です。
有酸素運動による脂肪燃焼と、汗をかくことで体内や皮膚に溜まった老廃物を排出します。
ただし、激しすぎる運動は逆に活性酸素を増やしてしまうリスクがあるため注意が必要です。

十分な睡眠とストレス解消

規則正しい生活習慣で、睡眠を十分にとることも大切です。
過労やストレスの溜めすぎは、多汗や皮脂の分泌過多になることがあります。また、加齢臭とは別の疲労臭が発生する原因にもなります。

紫外線を浴び過ぎない

適度な紫外線は人間にとって必要ですが、強い紫外線を浴びすぎると皮膚の中で活性酸素が生成されることがあります。
日焼け止めやサングラスで対策しましょう。

加齢臭に効果的なサプリメント

ここまで加齢臭の対策や予防について多くの内容を解説してきましたが、これらを実際に行動に移すことは大変です。

そこで、手軽でコスパの良い対策方法が「加齢臭対策サプリメントです。

3つの重要な「抗酸化物質食物繊維乳酸菌&ビフィズス菌&オリゴ糖」をすべて含んでおり、コストも1日たったの約40円

食事で改善できそうな方でも、補助的な役割としてサプリメントを併用するのがおすすめです。

人によっては、「加齢臭対策サプリメントだけで加齢臭が気にならなくなった」という方もいます。体内環境が改善されるには多少の時間が必要ですので、まだ加齢臭がそれほど気になっていない場合でも早めに始めてみましょう。
自分のためだけでなく、子どもやパートナー、職場の仲間のためにも続けてほしいと思います。

Dr.DEOLAB(ドクターデオラボ)

Dr.DEOLAB(ドクターデオラボ)モンドセレクション受賞

Amazonでも楽天市場でもベストセラーになった「Dr.DEOLAB(ドクターデオラボ)」。
近年、マスク生活で悩みの多い「口臭」の軽減にも期待できます。

Dr.DEOLABの成分説明

「Dr.DEOLAB(ドクターデオラボ)」には、加齢臭の改善に最も重要な3つの要素抗酸化食材食物繊維乳酸菌&ビフィズス菌&オリゴ糖」のすべてが含まれています
特に、乳酸菌の「KT-11」は、東京大学や信州大学など5つの大学との共同研究により生まれた乳酸菌で、「Dr.DEOLAB(ドクターデオラボ)」だけの特許成分乳酸菌が配合されています。

高濃度150倍濃縮シャンピニオンエキスを3000㎎と高配合、日頃のお口とお腹のエチケットにも効果的です。

シャンピニオンエキスとは、マッシュルームの一種であるシャンピニオンから抽出した、天然の消臭成分です。
口臭や体臭、おならなどの消臭に効果があることが確認されています。
また、腸内環境改善や慢性腎不全の進行抑制などの研究もされており、消臭以外にも様々な効果を持つ機能性表示食品として注目されています。

Dr.DEOLABの口コミ・レビュー

  • 飲み始めてから2~3日で嫌な匂いが減りはじめた感じがします。
  • 足むれの臭いにも効果がありました!
  • 有名な商品でなかったので少し不安でしたが、低価格を実現するために中間業者や店舗をなくし、広告コストなどを削減しているようなので納得しました。好感ももてます!
  • カバンに入れて持ち歩きやすいパッケージのデザインが気に入りました。錠剤も大きさも飲みやすかったです。
関連記事