2023年度から東京23区で高校生までの医療費を完全無償化、所得制限なし

1 min 14 views
2023年度から東京23区で高校生までの医療費を完全無償化、所得制限なし

2022年6月21日(火)、東京23区の区長からなる特別区町会が都内で緊急記者会見を開き、2023年度からは、高校生までの医療費を所得制限なく無償化すると発表しました。

現在の東京都と市区町村による医療費助成は中学生までが対象で、23区と一部の市町村は自主財源を活用して所得制限や自己負担なしで実施しています。また、既に高校生まで独自に無償化している自治体もあります。

高校生まで医療費無償化の経緯

これまで東京都は、高校生までの医療費を所得制限を設けた上で無償化する方針を示していましたが、所得制限分は各区が独自に自主財源で補助するというかたちで合意し、高校生までのすべての子どもの医療費無償化が実現しました。

東京都と各区の合意では、2023年度〜2025年度までの3年は東京都が約32億円をすべて補助し、所得制限と自己負担分をなくすために必要な約13億円は各区が自主財源で負担します。
2026年度以降は、東京都の補助額は半分の約16億円に減る見込みですが、財源の協議がまとまるまでは各区が自主財源でまかないつつ、今後も都と協議を続けていく予定です。

23区以外の市町村は?

一方、東京都の西側に位置する多摩地域の市町村では、23区と違って財政力が十分でない自治体もあるため、今回23区と同様に無償化をするのは難しいようです。
今後、所得制限を撤廃するかどうかなどの判断は、各自治体で判断していくことになります。

まとめ

今回のように、子どもを基準に考え、所得制限もなく高校生まで医療費が無償化されたことは子育て世帯にとって嬉しいことです。しかし、財源の問題が完全にクリアできているわけではないため、その負担が労働世帯にしわ寄せがこないとは限りません。今後も動向に注目です。

出典:YouTube 日テレNEWS「【東京23区】“高校生まで”医療費無償化へ 来年度から」
created by Rinker
¥1,350 (2022/09/28 01:15:45時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事