保育士の97%が推奨!「NBキッズシューズ」の特徴とは?幼児・子どもにおすすめの靴

4 min 51 views
保育士認定!「ニューバランスキッズシューズ」は幼児・子どもにおすすめの靴

NB(ニューバランス)のキッズシューズは、保育士・幼稚園教諭へのアンケートで97%が「勧めたい」と回答し、保育士認定を獲得しました。(2022年8月23日)

保育士認定は、日本最大級の保育士の転職支援サービス「保育士バンク!」を運営する株式会社ネクストビートが実施する認定制度で、日々保育の現場でさまざまな月齢・個性のお子さまと関わりを持つ保育士が保育のプロ目線から見て、子育て世帯向けの推奨商品であることを証明しています。

そんなNB(ニューバランス)のキッズシューズは子どもの足にとって具体的に何が良いのか、どんな特徴があるかなどについて、わかりやすく解説します。
また、お得な購入方法についても必見です。

「Kutoon(クトゥーン)」なら有名メーカーの靴が毎月定額で借りられます。
30日間無料体験も実施中です!

NB KIDS(ニューバランス キッズシューズ)とは?

NB KIDS(ニューバランス キッズシューズ)とは?

NB(ニューバランス)には、幼児〜子ども向けのキッズシューズの特集ページがあります。
このWEBページでは、子どもと大人の足の違いや、子どもの靴に必要な4つのポイント、ニューバランスの靴の特徴などを知ることができます。

子どもの足のヒミツ

NB KIDS「子どもの足のヒミツ」

子どもの足は、大人の足の骨や形状とは異なります。
まだやわらかくて未完成な子どもの足で身体の体重を支えるには、足をしっかりとサポートする靴選びが重要です。

18歳頃までは子どもの足

赤ちゃんの足の骨格は、写真のようにすき間があり、骨もまだほとんど軟骨の状態です。
身体の成長と同じように、成人の足として完成するのは18歳頃までかかります。

特に、身体を支える“かかと”部分が重要で、まわりを靴でしっかりサポートしないと歩くときに不安定になります。

18歳頃までは子どもの足

赤ちゃんの足は扁平足

大人の足には、骨が弓状に組み合わさることで土踏まずなどにアーチできています。これにより、身体を支えるのはもちろんのこと、歩く・走る・跳ねるといった運動の弾みをつけたり衝撃を緩和したりと、とても大切な役割に担っています。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんの足には、この大切な土踏まずのアーチはほとんどありません。
この頃の足の裏は厚い脂肪に被われており、成長とともに脂肪が減って、軟骨から骨へと変わって土踏まずが形成されていきます。
靴選びでは、適度なクッション性と柔軟性でサポートしてくれるものが最適です。

赤ちゃんの足は扁平足

FIT 4 KIDS(フィットforキッズ)

NB KIDS「FIT 4 KIDS(フィットforキッズ)」

NB(ニューバランス)のキッズシューズには、子どもの足をしっかりとサポートしつつ、成長も妨げない工夫ポイントが4つあります。

FIT 4 KIDS(フィットforキッズ)ニューバランスが子どもの足へ送る4つの優しさ
ニューバランスが子どもの足へ送る4つの優しさ
  1. 靴全体で足をサポート
    しっかりとしたヒール部分とアッパー構造により、心地よく足を包み込んで歩行時や運動時の高い安定性を確保します。子どもは安全でアクティブに動き回ることができます。
  2. 足の動きにあわせて自然に曲がる
    骨や筋肉が未発達の子どもの足では、動きに合わせて必要なときに足指の屈曲などが十分にできません。
    ニューバランスのキッズシューズには、子どもの足が自然に屈曲できるようにアシストするフレックスグループを採用。やわらかいだけでなく、足指や足全体の動きに合わせて、シューズの先が曲がるように設計しているので自然な歩行を実現します。
  3. 足の成長を促すキッズ専用の靴型
    つま先は動かしやすく、ゆとりのある扇状で、足指を締め付けることなく足の成長をサポートします。
    また、靴先には適度な反り上がりを付けることで、つまづきにくくなっています。
  4. 0.5cm毎のハーフサイズ展開
    子どもにピッタリな靴はなかなか見つけにくいですよね。少し小さかったり大きかったりするだけでも、子どもにとっては大きなストレスになり、転びやすくなったりもします。
    そんな成長期に合わせて、0.5cm刻みでサイズを展開しています。

NB(ニューバランス)や他のメーカーのキッズシューズが、毎月定額で借りられるサブスクサービス「Kutoon(クトゥーン)」があります。
30日間無料体験もできるので是非お気軽にお試しください。

子どもの足を考えた設計・サイズ

NB KIDS「子どもの足を考えた設計」

ひとりひとり違う子ども足を考えて、よりフィットさせるために3種類の足幅(ウィズ)によってシリーズを展開しています。

  • 996シリーズ:足幅が細めなお子さま向け
  • 313シリーズ:足幅がやや幅広なお子さま向け

また、サイズも未就学児と小学生以降の2種類に大きく分けて展開しています。

  • インファントシューズ(未就学児):11.0cm〜16.5cm
  • キッズ/ジュニアシューズ:17.0cm〜25.0cm

キッズシューズが毎月定額で借りられるサブスクサービス「Kutoon(クトゥーン)」では、借りる前にコンシェルジェにLINEメッセージで相談ができます。また、サイズが合わなかった場合は月1回まで無料で交換もしてくれます。
30日間無料体験もできるので是非お気軽にお試しください。

NBキッズシューズの購入方法

ニューバランスキッズシューズ公式オンラインストアでは、全品送料無料

NB(ニューバランス)のキッズシューズは店頭だけでなく、公式オンラインストアなどのインターネットショッピングで購入することもできます。

NB KIDS 公式サイト(ニューバランスキッズシューズ)

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングで購入すると、定価から割引されていたり、ポイントも付与されるためお得です。

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥4,312 (2022/09/27 09:56:38時点 Amazon調べ-詳細)
Amazonベストセラー

NBキッズシューズのコメント・評価

今回の保育士認定にあたり、保育士・幼稚園教諭からは次のようなコメントがありました。
プロならでは目線で、靴に求める大事なポイントもわかります。

  • 「成長に合わせて、トータルでバランスがいい」
  • 「子ども自身でも履きやすいし、大人が履かせる時も履かせやすい」
  • 「保育園でもニューバランスのくつを履いてる子が多く、上手に自分で履けていた」
  • 「履きたい気持ちが芽生える時期は履きやすさを1番に考えてあげ、なおかつ足にフィットするものは良い。子どもが自分で履いたり、脱いだりしやすそう」
  • 「子どもの足を守るには、しっかりサイズの合った靴をはかせる事と、なによりクッション性の高さだと考えてるから」
  • 「子どもの足に負担がかからない設計なのがうれしい」
  • 「しっかりと足をホールドして、子どもの健やかな足指の成長を受け止めてくれそう」
  • 「デザインも良く、履き心地、歩きやすさどれも満点」

保育士認定サービスとは?

保育士認定サービスとは、累計35万人以上が登録する日本最大級の保育士の転職支援サービス「保育士バンク!」に登録する保育士が、企業が持つ既存の商品・サービスを客観的に評価し、調査評価結果が一定の基準を満たした場合に保育士推奨の商品・サービスとして認定され、その証として認定マークの使用が許可されるという制度です。

ちなみに「保育士認定サービス」の第一号の認定商品には、ピジョンの「はじめての離乳食エプロン」が選ばれています。保育士の94%が推奨する商品です。

赤ちゃんへの優しさを重視し、わずか19gという軽さを実現した離乳食エプロンです。
素材は綿混で、肌触りは柔らか、それでいて伸縮性が高く、お食事中に赤ちゃんが動いてもフィットします。
食べこぼしをしっかりキャッチできるよう、ポケットは大きく開く構造となっています。エプロン最大の特徴は、機能性素材「デュアルマジック®」を採用している点です。
エプロンの表面は吸水加工で、水分・油分を吸い取り、離乳食特有のどろどろしたよごれや、油よごれ、ケチャップよごれなども洗うだけでスルッと落ちます。裏面は撥水加工が施され、洋服に染みにくい工夫がされています。

出典:保育士の知識を活かそう。「保育士認定サービス」とは – 保育士バンク!
出典:NB KIDS(ニューバランス キッズシューズ)

関連記事